最近の記事

2020年01月23日

省エネ・創エネ補助金獲得支援 井手電工 平成31年度の省エネ・創エネ関係補助金. ・エネルギー使用合理化等事業者支援事業. ・低炭素機器導入事業. ・CO2削減ポテンシャル診断推進事業

省エネ・創エネ補助金獲得支援
平成31年度の省エネ・創エネ関係補助金. ・エネルギー使用合理化等事業者支援事業. ・低炭素機器導入事業. ・CO2削減ポテンシャル診断推進事業
posted by Mark at 23:14| Comment(0) | コスト削減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

2021義務化されるHACCP(ハサップ)とは?


近年、食品工場では適切な温度管理、衛生管理の一環として、空調・冷凍設備のメンテナンスに力を入れている企業様が多く見られます。その背景としてあるのがHACCPです。

2018年6月13日食品衛生法の改正する法律が公布され、2021年6月までにHACCPの義務化されます。

【 HACCP 】とは?
 HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。
厚生労働省HPより引用)
導入するメリット

HACCPを導入するメリットとして下記があげられます。

■ クレームやロス率が下がり、品質のばらつきが少なくなる
■ 取引先からの評価が上がる
■ 衛生管理のポイントを明確にして、記録を残すことで、従業員の経験や勘に頼らない、安定した安全な製品が作れるようになる
■ 工程ごとに確認すべきことが明確になり、現場の状況が把握しやすくなる

今までの方式とHACCP方式との違い

これまでの最終製品の抜き取り検査に比べて、HACCP方式は、原材料の受入から最終製品までの工程ごとに、微生物による汚染や異物混入などの危害を予測した上で、危害の防止につながる特に重要な工程を連続的・継続的に監視することができます。

また、それらを記録することで、より効果的に安全性に問題のある製品の出荷を防止できるとされています。

posted by Mark at 23:48| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

おすすめサイト

○公益財団法人 地球環境センター(GEC):http://gec.jp/jp

○一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS):http://www.aots.jp/

○一般財団法人日本環境衛生センター(JESC):http://www.jesc.or.jp/

○日本貿易振興機構(JETRO):https://www.jetro.go.jp/

○独立行政法人国際協力機構(JICA):http://www.jica.go.jp/

○公益財団法人 廃棄物・3R研究財団:https://www.jwrf.or.jp/

○公益社団法人 関西経済連合会:http://www.kankeiren.or.jp/

○国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO):http://www.nedo.go.jp/

○大阪府 商工労働部 成長産業振興室 立地・成長支援課 国際経済交流促進グループ

  :http://www.pref.osaka.lg.jp/keizaikoryu/event/index.html

○大阪 水・環境ソリューション機構(OWESA):http://www.owesa.jp/

○国際連合環境計画国際環境技術センター(UNEP-IETC):https://www.unenvironment.org/ietc/ja

posted by Mark at 11:52| Comment(0) | いいサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

発明が解決しようとする課題

発明が解決しようとする課題:

排気ガスがスクラバ内での背圧を低減する装置

散布海水にマイナスイオンを付与し、SOXを吸着し、SOXの除去を促進

捕捉灰残渣をプラスイオンフィルターで集積、連続自動排出

装置小型化、材料長期耐蝕性保持

船舶特有の振動、動揺、耐天候性保持

センサーの具備、自動観測、警報、自動運転、記録

他社の装置より経済性を担持

スクラバの内部圧力損失とエネルギー負荷の低減

排ガス分析計にレーザー分析計採用し、数値の信頼性を確保

可変容量型又はインバーター駆動ポンプを組合せ負荷変動に対応

省エネルギー、省ユーテイリテイでシステムの最適化

posted by Mark at 00:40| Comment(0) | 事例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

従来技術

従来の排気ガス浄化装置は、陸上の大規模工場の熱源から発生する排気ガス浄化装置から

発達してきた。

陸上では装置の設置スペースに制約がなく自由にシステムをモデファイすることが

可能を特徴としている。一方、船舶は限られたスペースに満足した装置を航行の安全を

満足したものではならない、そのため従来、単純なオープン方式、クローズ方式、

ハイブリッド方式でスクラバ本体は、インラインタイプ、ベンチュリタイプが考案され、

据付られて来た。

posted by Mark at 00:39| Comment(0) | 事例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内航船での硫黄酸化物及びPMの排出規制による影響

高硫黄分鉱物油燃料を燃焼するときに排ガス中に発生する硫黄酸化物(SOx

及び粒子状物質(PM)の排出規制が前者は2020年1月1日、後者は2024年より

世界の全ての船舶が適用されることになった。

その対応策が使用燃料の硫黄分(0.5%)以下の燃料を使用或いは従来の燃料を

利用する場合は主官庁が承認した排ガス浄化装置(EGCS=スクラバー)を通じて

規制濃度以下で排気ガスを大気に排出する必要がある。

特に、排気ガスのシャワリング水を脱硝する必要がない装置であり、船舶は、

省スペース、堅牢、耐腐食性、作業性容易、運転操作簡易化、ランニングコスト

低廉化等を多様な多言語で利用者に供与する必要な装置が求められる。

更に船舶が航行する特別海域は、シャワリング水の排出規制数値が厳しくなるので、

この時には、前記印加器の能力を揚げて、硫黄分の回収を灰残渣回収機で回収し

規制値を満足した水を船外に排出する。

posted by Mark at 00:34| Comment(0) | 事例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google