最近の記事

2019年12月04日

内航船での硫黄酸化物及びPMの排出規制による影響

高硫黄分鉱物油燃料を燃焼するときに排ガス中に発生する硫黄酸化物(SOx

及び粒子状物質(PM)の排出規制が前者は2020年1月1日、後者は2024年より

世界の全ての船舶が適用されることになった。

その対応策が使用燃料の硫黄分(0.5%)以下の燃料を使用或いは従来の燃料を

利用する場合は主官庁が承認した排ガス浄化装置(EGCS=スクラバー)を通じて

規制濃度以下で排気ガスを大気に排出する必要がある。

特に、排気ガスのシャワリング水を脱硝する必要がない装置であり、船舶は、

省スペース、堅牢、耐腐食性、作業性容易、運転操作簡易化、ランニングコスト

低廉化等を多様な多言語で利用者に供与する必要な装置が求められる。

更に船舶が航行する特別海域は、シャワリング水の排出規制数値が厳しくなるので、

この時には、前記印加器の能力を揚げて、硫黄分の回収を灰残渣回収機で回収し

規制値を満足した水を船外に排出する。

posted by Mark at 00:34| Comment(0) | 事例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Google