最近の記事

2018年05月08日

需給調整の実証事業協定 仙台市と東北電 /宮城

需給調整の実証事業協定 仙台市と東北電 /宮城
実証事業では市内の25カ所の指定避難所の発電システムを対象に、同社が電力量や残量を監視し、電力需給バランスの調整や余剰電力の有効活用を行う。実証期間は2021年3月までの3年間。一括管理することで、設備故障の早期発見や、維持管理コストの低減が期待できる。 先月の協定締結後の会見で、郡和子市長 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
避難所の電源管理「仮想発電所」実証へ 東北電と
仙台市と東北電力は、災害時などの指定避難所に導入されているシステムを一括管理し、電力需給を調整する「仮想発電所(バーチャルパワープラント)」の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
需給調整の実証事業協定 仙台市と東北電 /宮城
バーチャルパワープラントは、自治体や企業などの発電設備などから生み出されたエネルギーをICT(情報通信技術)によって集約し、遠隔制御で一括して管理、操作する。市は東日本大震災後、自立した電源確保のために指定避難所の小中学校など約200カ所に「防災対応型太陽光発電システム」を導入している。 実証事業 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
森林と水で 小水力発電所起工式 三原・NPO /高知
小水力発電所は、下ノ加江川の芳井堰から取水し、落差9メートルの地形を利用して発電する計画で、最大出力110キロワット、年間売電収入は約2200万円を見込む。総事業費は約1億9000万円。法人は、02年に森林や水の環境整備などを目的に設立。10年ごろから、村の地形を利用した小水力発電による地域活性化 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
静岡県、風力発電業者を提訴 火災で廃止、8億円超賠償請求
2014年2月、御前崎港で県の風力発電施設「ウインクル」が損壊した火災で、施設が廃止になったのは業者の保守点検の不備などが原因として、県は2日までに、風力発電事業の委託業者を ... 同社は火災発生の17日前に保守点検を実施、県に「異常なし」と報告していたという。9日前には発電機交換作業を行っていた。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
IHIの「海流発電」、長期実証に向けFSを実施
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4月26日、離島向け分散型電源として活用が期待される「海流発電システム」の長期実証事業を採択したと発表した。 実海域における長期実証に向け、フィージビリティ・スタディ(FS:事業性評価)を実施する。2030年以降の早期実用化を目指す。 今回採択された事業は「水中 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東工大、系統連系した発電機が「同期」する基本原理を解明
一方、大量導入が見込まれる太陽光発電などの再生可能エネルギーは、天候や気候などの変化によって発電量が不規則に変動するため発電機群の同期を維持するのがより難しくなると予想される。そのため、同期現象の解明は重要とされてきたが、従来は数値シミュレーションに基づくアプローチが主流で、原理を理論的に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
たき火の熱で発電だと!? アウトドアで大活躍間違いナシの“使えるキャンプグッズ”4選
そこで今回は、たき火の力で発電するアイテムや様々な機能を兼ね備えたランタンなど、キャンプで役立つ商品をご紹介。ゴールデンウィーク後半戦、便利なアウトドアグッズを ... 4段階の風力調節機能のほかに、発電量・風力・蓄電量が一目でわかるLEDのインジケータを装着。さらにUSBポートにつなげるフレックスライトも付属 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
DIC、中国工場に太陽光発電設備 CO2排出8.5%減
DICは薄膜トランジスタ液晶材料を生産する中国・山東省の「青島迪愛生精細化学」に、年間48万キロワット時の発電量を備えた太陽光発電設備を導入した。建屋の屋上に設... (残り:192文字/本文:272文字). (2018/5/3 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
今年度事業を休止 磐梯朝日国立公園内地熱発電所計画
県内の磐梯朝日国立公園内を対象にした地熱発電所計画で、石油大手の出光興産など11社でつくる「福島地熱プロジェクトチーム」は2018(平成30)年度、事業を休止する。関係者によると事実上の事業凍結とみられる。チームの担当者
posted by Mark at 12:14| Comment(0) | グリーンIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Google