最近の記事

2018年05月08日

ゴールドマン系JRE:再生エネルギー発電容量を4倍へ−風力に傾注

ゴールドマン系JRE:再生エネルギー発電容量を4倍へ−風力に傾注
国内で建設される商業用の太陽光発電所に比べ圧倒的に規模が大きい洋上風力発電所は、まさに「桁違いの開発費がかかる」と話す。 しかし、JREはゴールドマンとシンガポール政府投資公社( GIC)から出資を受け、資金力への不安は全くないと芳野氏。今後の課題は海洋土木に強いゼネコンをきちんと同プロジェクトに ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ロシアにて、海の上の原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」が完成
北極圏の発電所を助けに参る! 2010年に資金不足で開発が止まってしまい、2012年に新たな契約により開発を再開したロシアの海上原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」。2016年の稼働開始を目指していましたが、2018年になりやっと完成しました。 アカデミック・ロモノソフが原子炉2基で生み出す電力は最大70 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
チェルノブイリ原発跡で太陽光発電始まる
チェルノブイリ原発跡で太陽光発電始まる. 9時間前. Share this with Facebook ・ Share this with ... ウクライナでは4月26日、チェルノブイリ原子力発電所事故から32年を迎えた。 メルトダウンを起こした4号炉の真横で現在、太陽光発電施設が操業を開始している。 BBCのジョナ・フィッシャー・ウクライナ特派員が取材した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
広がる投資撤退、火力発電「厳冬期」に
安定的に電力を供給できるため、中長期的にはベース電源として新設需要が見込めるガス火力も足元では苦戦する。発電コストが下がった再生可能エネルギーに押されているからだ。 国際エネルギー機関(IEA)の試算では、温暖化ガス削減などの国際目標を達成した場合、化石燃料による量は現在の65%から40年 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
海流発電の早期実用化へ、NEDOが実海域での長期実証を決定
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、実海域における海流発電システムの実証事業「水中浮遊式海流発電システム発電事業に係る実証試験」を採択した。2018年度から黒潮海域で、1年以上の長期にわたり発電能力や設備の耐久性、経済性などを検証するためのフィージビリティ・スタディ(FS)を実施する計画 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、バイオマス発電設備の建設開始 四日市で
中部電力は1日、四日市火力発電所(三重県四日市市)の敷地内でバイオマス発電設備の建設工事を始めたと発表した。時に木質ペレットやパームヤシ殻を燃料に使い、一般家庭の約12万世帯分に相当する年3億8000万キロワット時を発電する予定だ。 植物性の燃料を使うことで二酸化炭素(CO2)の排出削減効果も ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
シーメンス、風力発電にドローンやロボ
【ハンブルク=増田有莉】独シーメンスは、風力発電機の保守・修理サービスにドローン(小型無人機)やロボットを活用する。陸上風力は羽根の大きさが最大で直径100メートル前後に達する。人が作業すると手間がかかるが、ドローンなどを活用すれば保守費用を3割減らせるという。欧州など風力発電が普及した市場で手がけ、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
広がる投資撤退、火力発電「厳冬期」に
化石燃料を消費する火力発電への逆風は一段と強まっている。特に二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力への風当たりは強い。日本ではJパワーが2021年稼働予定だった兵庫県高砂市の石炭火力建て替え計画を白紙化。関西電力などが千葉県市原市で計画していた新設案件も頓挫した。 インドでは10〜17年に564基 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス発電設備の建設開始 中部電、四日市で
中部電力は1日、四日市火力発電所(三重県四日市市)の敷地内でバイオマス発電設備の建設工事を始めたと発表した。時に木質ペレットやパームヤシ殻を燃料に使い、一般家庭の約1… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 日経電子版が6月末まで無料!春割の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
FIT対象の洋上風力発電選出 計3836MW、WPDなど欧州系中心
台湾の経済部(経済産業省)は4月30日、固定価格買い取り制度(FIT)に基づいて販売価格を保証する対象となる洋上風力発電事業と、それぞれに分配する発電容量を発表した。9事業者による20カ所の事業が申請されたが、選出されたのは7事業者による10カ所での事業で、計3,836メ… 関連国・地域: 台湾. 関連業種: ...
posted by Mark at 12:12| Comment(0) | グリーンIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Google