最近の記事

2018年04月27日

火力発電所でイチゴ狩りいかが? カフェや料理教室も 朝日新聞

火力発電所でイチゴ狩りいかが? カフェや料理教室も
火力発電所でイチゴ狩りやイチゴのスイーツはいかが――。東京電力フュエル&パワーは29日、横浜火力発電所(横浜市鶴見区)に「東京ストロベリーパーク」を開く。火力のPRに使っていた建物を使い、女性や家族連れ、外国人に来てもらうことを狙う。 東電は福島第一原発事故の賠償と廃炉の費用をまかなう必要がある
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素燃料デュアル発電機で採算性向上 フクハラ・福原廣社長 (1/2ページ)
産業用エアコンプレッサーのドレン排水・処理装置のリーディングカンパニーとして環境保全分野で実績を重ねているフクハラ(横浜市瀬谷区)が、新事業の水素関連ビジネスに力を入れている。温室効果ガスの排出削減につながる「水素燃料デュアル発電機」を考案し、パートナー企業を募っている。福原廣社長に狙いや展望を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電施設 自治体の9割「規制を」
県が県内全三十五市町を対象に実施した太陽光発電施設に関するアンケートで、九割近くの三十一自治体が、施設の設置に「何らかの規制や基準を設けるべきだ」と答えた。 ... 調査では市町の八割(二十八自治体)が、太陽光発電施設の建設を行政の審査や指導の対象とするように、県の指導要綱を改正すべきだと回答。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
体温で発電するスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」
外気温と体温の温度差を利用して発電する仕組み。自分が走れば温度が上がり純電スピードが上がる?かもしれない. 本体サイズは直径46mm、厚さ12.5mm、重量は50〜60g。価格はナイロンストラップの「PowerWatch Silver」が3万2800円(税抜)、ミラネーゼストラップを装着したオールブラック特別仕様の「PowerWatch ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JXTGエネ、発電用C重油3%上げ提示 4〜6月期
石油元売り大手のJXTGエネルギーは26日、4〜6月期のC重油の大口取引価格の改定を表明した。発電に使うC重油の引き上げ幅は前期(1〜3月期)比3%。今回打ち出した価格が浸透すれば3年と2四半期ぶりの高値となる発電に使う低硫黄C重油(硫黄分0.3%)の改定価格は同1700円(3%)高い1キロリットル5 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電設備への落雷を高精度に検出、中電と中部大
中部電力と中部大学は風力発電設備の風車への落雷を高精度で検出できる新型落雷検出装置を共同開発したと、2018年4月23日に発表した。構造が単純かつ設置が容易で、高精度と低コスト ... 構造が単純なため設置が容易で、既に運転中の風力発電設備にも取り付けられる。設置コストはロゴスキーコイル型と比べて3分 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
仮想発電所を活用した地域の防災力強化、避難所の災害時用電源を集約制御
仙台市では、東日本大震災の経験を踏まえ、災害時における電源の確保や、二酸化炭素排出量の削減を図るため、市内のすべての小中学校を含む指定避難所等に、太陽光発電設備と蓄電池を導入しています。 また、東北電力では2018年4月より「VPP実証プロジェクト」を開始しています。VPPとは、個人や企業等が保有する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
消防団詰め所などで発電機窃盗、相次ぐ 県西や水戸で20台超
消防団の詰め所など公共施設に置かれた発電機が狙われる窃盗事件が県内で相次いでいる。盗まれた発電機は20台以上に上り、県西地域で3月に集中して盗難が発覚したが、4月に入って水戸市でも発生した。県警が警戒を強めるとともに、各自治体では新たな盗難対策を講じている。 水戸市では16日、同市新原の堀原 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
旧式の石炭火力発電所、順次廃止へ…温暖化対策
温暖化対策の強化が求められる中、旧式の石炭火力発電所について、順次廃止を求める方針を初めて盛り込む。 経済産業省が27日に開く有識者会議に骨子案を示す。政府は今夏に新たな計画を閣議決定したい考えだ。 骨子案では、1990年代以前に建設された旧式の石炭火力について、「フェードアウト(順次廃止)」と明記 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
NEDO、IHIの海流発電長期実証を採択
◇30年、離島向けに実用化へ 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は26日、IHIが実施する海流発電システムの長期実証事業を採択したと発表した。同システムは黒潮の流れを利用して安定的な発電を行うもので、鹿児島県沖で昨年実施した実海域の短期実証に続くステップ。2018年度から事業化可能性 ...
posted by Mark at 21:49| Comment(0) | グリーンIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Google