最近の記事

2018年04月22日

東電、発電所にAI 排ガス1割削減 日本経済新聞

東電、発電所にAI 排ガス1割削減
東京電力ホールディングスは火力発電所に人工知能(AI)による運転支援を導入する。福島県の発電所で実証試験をしたところ排ガスを約1割削減できたほか発電効率が高まりコストの抑制効果が得られた。今後、他の発電所に段階的に導入を広げるほか、システムの海外輸出も検討する。 火力発電所ではボイラーに空気や ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水車小屋活用し、水力発電を復活 但馬の住民団体
エネルギーの地産地消を目指して活動する住民グループ「但馬いかそうかい」がこのほど、兵庫県豊岡市江野にある古い水車小屋を活用し、水力発電ができるように復活させた。天然の川の水を引き込んで回すタイプで、最高38ワットの発電ができるように。作った電気は、庭木の電飾やサルよけの電柵に使う。メンバーは「但馬 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
体温で発電する腕時計、充電いらずの『PowerWatch』が日本登場!
さて、正確に言うと、この腕時計のなかの発電システムは温度差を利用して発電するというものだ。そのため、気温20度に対して体温36度のような状態だと問題なく発電がおこなわれる。また、外気が高く体温に近い場合場合、温度差がなくなってしまわないように全体として腕と本体に積極的に温度差が生まれるような機構を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
小規模下水処理施設で発電 長岡市で開始へ /新潟
この実験は、下水処理の過程で発生するバイオガスを活用して発電し、汚泥の減量化も図ろうというもの。(1)従来のバイオガスなどより建設費・維持費を約40%削減(2)汚泥の搬出分量を約20%削減(3)汚泥処理にかかる電力コストを約30%削減−−を目標に掲げる。実験の場は中之島浄化センター(同市西高山新 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
建設へ 関電グループ会社進出 来春着工、苅田町が立地協定締結 /福岡
苅田町は20日、県が苅田港に造成した「新松山臨海工業団地」に進出するバイオパワー苅田合同会社(本社・大阪市)の発電所建設に向けた立地協定を締結した。合同会社は関西電力のグループ会社。再生可能エネルギーの導入を目指しており、敷地面積約5ヘクタールに出力7万5000キロワットのバイオマ発電所を建設 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
韓国の太陽光設備、大気汚染で発電効率が低下
新・再生可能エネルギーの拡大に向け、公共機関がこぞって太陽光発電機を設置している。政府補助金などを使って設置し、宣伝する。しかし、設置後の管理を怠ったことで、太陽光発電設備にほこりがたまってしまっている。特に粒子状物質が頻繁に見受けられる春先は深刻だ。ほこりが積もれば太陽光の受光がままならず、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ノルウェー社による世界最大の浮体式洋上風力発電所 稼働から半年
昨年10月、ノルウェーのスタトイル社が世界最大の浮体式洋上風力発電所「Hywind Scotland」をスコットランド沖合約25kmに建設、電力供給を開始した。風車は75mの羽根を3枚組み合わせたもので、直径154mという巨大風車だ。発電所1基あたり6MWの電力供給能力があり、5基設置することで約2万世帯へ電力を供給 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「環境に配慮し整備」 太陽光発電で事業者説明 鴨川
太陽光発電事業について、事業者による説明会が開かれた=20日、鴨川市の市民会館. 鴨川市の山林 ・・・ 【残り 710文字、写真 1 枚】. 全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ. (月額486円のライトプランがおすすめです). 既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界初!市街地で水素100%による熱電供給を達成―地域コミュニティにおけるエネルギー最適制御技術 ...
NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)事業において、大林組と川崎重工業は、4月19日と20日に実施した実証試験において、市街地における水素燃料100%のガスタービン発電による熱電供給を世界で初めて達成した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
[写真]ノルウェー社による世界最大の浮体式洋上風力発電所 稼働から半年
昨年10月世界最大の浮体式洋上風力発電所が、スコットランド沖合に建設され電力の供給を開始。ハリケーンや大嵐にも耐え3ヶ月で42GWhを発電予想を超える能力を示した。(写真提供:Statoil社) ...
posted by Mark at 22:47| Comment(0) | 省エネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Google