最近の記事

2009年06月10日

主催:日本アイ・ビー・エム株式会社 ┃ ┃ Break Free ! 今こそ、データベース・コストを見直す好機 ┃ ┃ DB2 Star Festival 2009 開催決定!

◆ 日時:7月7日(火)13:20〜19:10(受付開始12:45)
◆ 会場:ウェスティンホテル東京
◆ 参加費:無料/事前登録制
◆ 開催詳細はこちら > http://www.ibm.com/jp/edm/star2

■ コスト問題の解決に役立つ おすすめセッション ■

● 基調講演 ●
Break Free with IBM DB2 ーIBM の新しいデータベース戦略とは?

世界中の企業が徹底したITコストの見直しを進めている現在、企業はベンダー・
ロックインから開放される必要があります。当セッションでは、IBMが提唱する
"BreakFree"構想を概観し、既存のITのコスト構造をどう改善していけるかを、
世界の事例を通して紹介するとともに、IBMの考えるデータベースの近未来ビジョ
ンを解説します。

講師:日本アイ・ビー・エム株式会社 理事
インフォメーション・マネジメント事業部長 下垣 典弘
Program Director -DB2 Evangelism, Information Management,
Software Group, IBM Corporation Paul Zikopoulos
>詳細 http://www.ibm.com/jp/edm/star2

● 特別講演 ●
「Day2」の経験からー三菱東京UFJ銀行における大規模データウェハウス構築の実践

歴史的大事業となった三菱東京UFJ銀行のシステム統合プロジェクト「Day2」を成功
裏に終えた経験から、経営情報の高度化を目指したIT戦略と、データウェアハウス
構築における実践的デザイン・ノウハウを解説します。

講師:株式会社 三菱東京UFJ銀行 システム部 上席調査役 井澤 淳一 様
>詳細 http://www.ibm.com/jp/edm/star2

● ビジネス・トラック A-1 ●
Oracleユーザー注目! ここまで変わるデータベース・コスト削減、次の一手

企業の生命線を支えるデータを格納しているデータベース・システムは、その
重要性からとりわけ高いスペックを要求します。一方でそれは、ITインフラの
コスト高の原因ともなっています。世界的な景気後退の中、このまま高い保守料を
払い続けなければならないのか?本セッションではIT投資「最後の砦」と言われる
データベース・コストにメスを入れ、自由になるための選択肢をご紹介します。

講師:日本アイ・ビー・エム株式会社 インフォメーション・マネジメント事業部
データ・マネジメント営業部 部長 池田 高也
>詳細 http://www.ibm.com/jp/edm/star2

● テクニカル・トラック B-1 ●
登場 DB2 9.7 ー新機能の全貌

企業システムに求められる変化に、データベースはついていけていますか?
パフォーマンス、機能、拡張性、コスト削減など、さまざまな対応がデータベース
に求められています。当セッションでは、新しく登場したDB2 9.7の新機能を解説し
ながら、DB2 9.7の持つ変化適応力をお見せします。

講師:日本アイ・ビー・エム株式会社 インフォメーション・マネジメント事業部
データ・マネジメント テクニカル・セールス ITアーキテクト
野間 愛一郎
>詳細 http://www.ibm.com/jp/edm/star2
posted by Mark at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google