最近の記事

2008年07月03日

7-2-2008 記事

佐賀県、民間企業と共同開発したシステムの利用許諾料で歳入確保
ITpro
...回答事務が不要となるなど、BPR効果と併せて年間約4472 時間、40%以上の業務量削減効果を得ることができました。現場の職員が操作や各種設定を自由に行えるため、業務ごと、部署ごとでの個別のシステム開発が不要になり、その費用分もコスト削減につながっています。


JBCCホールディングス、グループ内のサーバ約300台を4台に統合
EnterpriseZine
仮想化技術の活用により、全国に分散する約300台のサーバを物理サーバ4台へ統合すると同時にITインフラ共通化を図り、グリーンIT(省電力、省スペース)の実践、コスト削減を実現した。今回のサーバ統合、ITインフラ共通化をモデルケースとして、今後はソリューション・ ...


認知度は5割強に: SaaS導入の主目的は「運用管理からの開放」
ITmedia
ノークリサーチによると、当面はコスト削減の効果が得られやすいアプリケーションをSaaSに移行するという動きが、中堅中小企業の間で出てくると予測している。 SaaSの認知度については、「名前だけ知っている」が 29.1%、「ある程度知っている」が22.2%、「説明できる ...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google