最近の記事

2008年07月03日

6-17-2008 記事

仮想化でサーバー台数は1/4,ストレージ容量は1/5を期待,コスト増の回収許容期間は31カ月
ITpro
その仮想化技術の導入にかかる初期コストを,運用コスト削減で回収する上での許容期間は,サーバー,ストレージともに31カ月強。これは今回調査したITの省エネ施策の中では,ブレードなどの高効率のサーバー・システムとほぼ同じで,最も長期の部類に属する(6月16 日付け ...


Interopに集まるグリーンなネットワーク製品群
ITmedia
データセンター側は、VSSによってユーザーのサービス環境を集約し、コスト削減と運用管理の効率化が図れるわけだ。例えば、100Mbpsのスループット性能を備える32台分のファイアウォールを1台のVSSによってサポートした場合、機器を個別に用意するより60%以上も消費電力を ...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google