最近の記事

2008年06月05日

6-5-2008 記事

花王が物流統合 約50億円のコスト削減目標
MSN産経ニュース
物流拠点から同じ取引先への配送共通化などで、22年度までに物流で累計約50億円のコスト削減を目指す。両社の商品を取り扱う物流センターを神戸市須磨区に昨年11月、北海道石狩市にことし3月それぞれ設けた。さらに花王とカネボウの化粧品を東北地方に配送する ...


効率化を実現し、付加価値提供の支援で有益な関係を
トラベルビジョン
燃油費が高騰する中、旅行会社に対するコミッションカット、ゼロなど、航空会社がコスト削減に奔走するなか、アマデウスでは「GDSも抜きではない」との観点で、相互発展に向けた付加価値の提供に力を入れている。先ごろ、日本での設立10周年を機に来日した、アマデウス・ ...


コスト削減を重要課題に 花き共選取引会議
長野日報
原油価格の高騰に伴い、資材、農薬、肥料などの値上げが予想される中で、生産者はコスト削減を今年度の重要課題として取り組む。市場側は品質、出荷量の安定、早期の情報交換を求めた。品目ごとに分科会形式で行い、JA会館ふじみではキク、カーネーション、北山支所は ...


鉄鉱石運搬に超大型船、運賃高で輸送費削減 新日鉄やJFE
日本経済新聞
大型船の導入で、両社は1隻当たり年100億円程度のコスト削減を見込む。鋼材価格の1割前後を占める鉄鉱石の輸送コストを減らし、製品の国際競争力を高める。新日鉄は商船三井と22年の長期契約を結び、昨年12月から30万トン級の三井造船製「ぶらじる丸」を導入。 ...


東洋スポーツ建設、低コストの表面土壌改良工法を開発
日刊工業新聞
採掘後、処分していた土を現場内で再利用することでコスト削減を図る。保水性、透水性が高い特徴もあることから、グラウンドや園路舗装、ゴルフ場の芝生路盤の改良としても提案、年間10施設での施工を目指す。自社開発した自走式除礫(じょれき)機を使い、施工現場の ...


カンタス航空グループ、座席供給量の5%を削減へ−燃油費高騰で路線撤退も
トラベルビジョン
コスト削減のため、座席供給量をあらわす有効座席キロ(ASK)を、QFとジェットスター(JQ)などグループ全体で5%を削減するほか、早期退職などの人員削減も実施する。路線網の見直しは国内線、国際線問わず全ての路線が対象で、国内線は、QFが8月からゴールドコースト/ ...


GM、北米4工場休止 追加リストラ、大型車を縮小
日本経済新聞
追加リストラ策は大型車の生産能力削減や「ハマー」ブランドの見直し、新型小型車の生産などが柱。2011年までに50億ドル(約5200億円)のコスト削減を計画しているが、大型車工場の休止などで10億ドルの追加削減を見込む。大型車の工場休止は今年から10年にかけて実施 ...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Google