最近の記事

2019年12月31日

アクセスランキング 2019−12

ページ 割合アクセス数訪問者数
 合計(全ページ) 100.0%1,768221
1/index.rdf 20.0%35311
2/index20.rdf 6.6%11614
3トップページ 4.4%7864
4従来技術 1.1%2017
5発明が解決しようとする課題 0.9%1616
6内航船の油高騰対策 0.8%1514
7内航船での硫黄酸化物及びPMの排出規制に… 0.8%1514
8アーカイブ:2019年1月 0.8%1412
9道路トンネル点検記録作成支援ロボット技… 0.8%149
10アーカイブ:2018年3月 0.7%1312
11カテゴリ:事例研究 0.7%1311
12カテゴリ:コスト削減関係ニュース 0.7%129
13アクセスランキング 2019−11 0.7%1212
14カテゴリ:セミナ− 0.7%1211
15処理期限を過ぎれば罰則あり!PCB製品ま… 0.6%1110
16アーカイブ:2018年5月 0.6%1111
17アーカイブ:2019年2月 0.6%109
18アーカイブ:2019年6月 0.5%99
19エネルギー使用合理化事業者支援事業(経… 0.5%99
20省エネ 価格事例 0.5%99
posted by Mark at 16:39| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

発明が解決しようとする課題

発明が解決しようとする課題:

排気ガスがスクラバ内での背圧を低減する装置

散布海水にマイナスイオンを付与し、SOXを吸着し、SOXの除去を促進

捕捉灰残渣をプラスイオンフィルターで集積、連続自動排出

装置小型化、材料長期耐蝕性保持

船舶特有の振動、動揺、耐天候性保持

センサーの具備、自動観測、警報、自動運転、記録

他社の装置より経済性を担持

スクラバの内部圧力損失とエネルギー負荷の低減

排ガス分析計にレーザー分析計採用し、数値の信頼性を確保

可変容量型又はインバーター駆動ポンプを組合せ負荷変動に対応

省エネルギー、省ユーテイリテイでシステムの最適化

posted by Mark at 00:40| Comment(0) | 事例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

従来技術

従来の排気ガス浄化装置は、陸上の大規模工場の熱源から発生する排気ガス浄化装置から

発達してきた。

陸上では装置の設置スペースに制約がなく自由にシステムをモデファイすることが

可能を特徴としている。一方、船舶は限られたスペースに満足した装置を航行の安全を

満足したものではならない、そのため従来、単純なオープン方式、クローズ方式、

ハイブリッド方式でスクラバ本体は、インラインタイプ、ベンチュリタイプが考案され、

据付られて来た。

posted by Mark at 00:39| Comment(0) | 事例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内航船での硫黄酸化物及びPMの排出規制による影響

高硫黄分鉱物油燃料を燃焼するときに排ガス中に発生する硫黄酸化物(SOx

及び粒子状物質(PM)の排出規制が前者は2020年1月1日、後者は2024年より

世界の全ての船舶が適用されることになった。

その対応策が使用燃料の硫黄分(0.5%)以下の燃料を使用或いは従来の燃料を

利用する場合は主官庁が承認した排ガス浄化装置(EGCS=スクラバー)を通じて

規制濃度以下で排気ガスを大気に排出する必要がある。

特に、排気ガスのシャワリング水を脱硝する必要がない装置であり、船舶は、

省スペース、堅牢、耐腐食性、作業性容易、運転操作簡易化、ランニングコスト

低廉化等を多様な多言語で利用者に供与する必要な装置が求められる。

更に船舶が航行する特別海域は、シャワリング水の排出規制数値が厳しくなるので、

この時には、前記印加器の能力を揚げて、硫黄分の回収を灰残渣回収機で回収し

規制値を満足した水を船外に排出する。

posted by Mark at 00:34| Comment(0) | 事例研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内航船の油高騰対策

内航船で現在C重油を使用している船舶は980隻あります。

油の価格はC重油が5.5万円、A重油が8万円、

これが来年の1月1日より、
C重油5.5万円、
低硫黄C重油7.5万円、
A重油8.5万円と想定されます。

通常船舶の燃料代は運賃の30〜40%を占めると言われ、
これを回収することは困難でしょう。

これらを解決する方法については、グローバル・シーに
お問い合わせください。
posted by Mark at 15:22| Comment(0) | いい方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google