最近の記事

2018年05月13日

2018-5-11


発電
毎日更新  2018年5月11日
ニュース 
風力発電、自治体向けマニュアル
環境省は、風力発電の導入と環境保全を両立させるための自治体向けマニュアルを作成した。導入促進エリアと保全エリアをあらかじめ決めておく「ゾーニング」と呼ばれる手法を詳しく解説したのが特徴で、同省ホームページで公開している。 政府は2016年に定めた地球温暖化対策計画で風力発電の拡大を掲げたが、発電用 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【材料】東京センチュリー---中川水循環センター消化ガス発電事業で埼玉県と基本協定を締結
東京センチュリーは、発電設備のリースにとどまらず、有力パートナーとの協業を通じた再生可能エネルギー事業などの事業そのものにも積極的に取り組んでいる ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
燃料チップに道産材も 日本製紙の勇払バイオ発電 地元森林組合、林業活性化へ期待
日本製紙が北海道工場勇払事業所(苫小牧市勇払)で新設を計画する国内最大級のバイオマス発電設備は、発電用の木質チップに道産木材の未利用材も使用する予定で、地元の林業関係者は「間伐材 ... [記事全文] ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
黒潮を利用した海流発電実現へ、IHIが長期実証
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、IHIが実施する海流発電システムの長期実証事業を採択した。同システムは黒潮の流れを利用して安定的な ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
日成ビルド、事業多角化 ホテル開発や太陽光発電
日成ビルド工業は10日、ホテルや旅館などの開発・運営や太陽光発電の関連事業に参入すると発表した。同社が主力事業として手掛けている建築事業は受注の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
風力発電、自治体向けマニュアル
環境省は、風力発電の導入と環境保全を両立させるための自治体向けマニュアルを作成した。導入促進エリアと保全エリアをあらかじめ決めておく「ゾーニング」と ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
地熱発電、開発規制に県間格差 独自基準の大分と相対的に緩い熊本
地下の熱水や水蒸気を使う地熱発電で、開発規制の地域間格差に温泉事業者が不安を抱く。厳しい独自基準を持つ大分県に対し、隣の熊本県は、国が定めた ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
鳥取県営の水力発電所 運営権売却で利益49億円
鳥取県は9日、県営の水力発電所3カ所について、運営権を民間に売却するコンセッションを導入した場合、県側の利益が20年で最大49億円に上るとする試算を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
地熱発電、開発規制に県間格差 独自基準の大分と相対的に緩い熊本
地下の熱水や水蒸気を使う地熱発電で、開発規制の地域間格差に温泉事業者が不安を抱く。厳しい独自基準を持つ大分県に対し、隣の熊本県は、国が定めたガイドラインだけで、相対的に緩やかだ。熊本の温泉事業者は「乱開発され、温泉が枯渇したらどうするのか」と懸念する。(中村雅和). 「限界まで開発が進んでいる。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ウェブ 
大飯発電所4号機の状況について (「原子炉トリップパーシャル作動(原子炉系)」警報の発
大飯発電所4号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力118万キロワット、定. 格熱出力342万3千キロワット)は、平成25年9月15日から第15回. 定期検査中の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
福島第一原子力発電所の状況について(日報)
2018年5月10日東京電力ホールディングス株式会社福島第一廃炉推進カンパニー. 福島第一原子力発電所の状況について、以下のとおりお知らせいたします。
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 10:14| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google