最近の記事

2018年03月08日

名大、新触媒を開発 エステルを効率的に合成 環境エネ・素材 科学&新技術 2018/3/7 18:48


 石原教授らは金属を使わないアンモニウム塩触媒と呼ばれる触媒を開発し、効率的に合成できるエステルの種類を増やした。新触媒を使うと医薬品の原料になる核酸誘導体や光学活性アミノ酸という物質や化粧品の原料になる高級脂肪酸、クエン酸誘導体などを簡単に合成できるようになる。

 新触媒はパーム油からラウリン酸メチルというバイオディーゼルを99%以上の効率で合成できることも確認した。副産物のグリセリンと反応しないため、少量でも合成が進むのに加え、水を使えば簡単にエステルから分離できる利点がある。

 スズやアンチモンは毒性があり、エステルから分離するのに時間とコストがかかっていた。新触媒は分離が簡単なだけでなく、別のエステル合成に再利用できるという。

posted by Mark at 17:55| Comment(0) | いい商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018-3-8


関西大学が発電量100倍の摩擦発電機を開発、1歩でLED10個以上を点灯
開発当初は、歩行時の発電量が0.003mW/ステップと微弱だったが、今回ゴム表面の粗さを工夫することで量を従来品より100倍以上向上させることに成功した。靴のインソールに組み込み発電量を評価したところ、1歩の着地で0.6mW(瞬間的には10mW)の発電が可能なことを確認した。この発電量で、10個以上のLED ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス発電所燃料置き場から煙 秋田市向浜、けが人なし
7日午前10時50分ごろ、秋田市向浜1丁目、ユナイテッドリニューアブルエナジーが運営する木質バイオマス所の屋外燃料置き場で、高さ10メートルに積まれたヤシ殻チップから煙が出ているのを社員が見つけ119番した。けが人はいない。市消防本部が消火活動を行っている。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光と風力のハイブリッド発電所で竣工式、合計で9.6MW
ジャパン・リニューアブル・エナジー(東京都港区、以下JRE)と北拓(北海道旭川市)は2月26日、北九州市若松区響町で、風力と太陽光発電設備を併設したハイブリッド型発電所「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」の竣工式を開催した。 両社の出資による「響灘ウインドエナジーリサーチパーク合同会社」が発電事業の主体と ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
テスラからサンランへ、米住宅向けソーラー発電のリーダー交代
GTMリサーチの推計によれば、テスラは2017年10−12月(第4四半期)に住宅・商業用合わせてソーラー発電装置を87メガワット設置。うち住宅向けは約50メガワットだった。米 サンランは6日、住宅向けに10−12月期に85メガワットを設置したと資料で発表。住宅用に限れば、サンランは昨年7−9月(第3四半期)に首位となっ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
“日本最大級”のメガソーラー「瀬戸内Kirei太陽光発電所建設プロジェクト」発電所の試運転を開始しました!
2月28日には、初めて当発電所設備と中国電力の設備を接続して行う「受電」作業が無事完了しました。今後約半年間にわたって試運転を行ったのち、この秋に商業運転を開始します。完成後は年間を通じて一般家庭約8万世帯分の消費電力に相当する電力を供給します。当発電所の稼働により瀬戸内市のCO2総排出量の約 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
小水力発電所が稼働 郡上市3件目
岐阜県が農業用水を活用して郡上市白鳥町阿多岐に整備した小水力発電施設「阿多岐清流発電所」が6日、運転を開始した。発電した電力は全量が売電され、収益は農道や用水路の維持管理費などに充てられる。 阿多岐地区を流れる農業用水路「日面(ひゅうも)用水」を利用して整備され、最大出力は102キロワット、年間 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「温泉発電は慎重に」 資源減少傾向、規制厳しく 審議会答申 /大分
温泉発電などの専門家で作る別府市の「温泉発電等対策審議会」(会長、由佐悠紀・京都大名誉教授)は5日、長野恭紘市長へ温泉の導入のあり方について答申した。市内の温泉資源は減衰傾向にあると指摘し、「市条例の一部を変え、さらに厳しい規制を加えるべきだ」などと温泉発電を制限する制度強化の必要性を指摘 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Gメッセ群馬に太陽光発電装置 20年運転予定 /群馬
県企業局によると、年間発電電力量は一般家庭約160軒分の消費電力量に相当する59万1300キロワット時。東京電力が固定価格買い取り制度に基づき、1キロワット時あたり21円で、20年間にわたって買い取る予定。 発電システムの設備費など1億3905万円を、17年度2月補正予算から分割して順次計上する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界の端っこで風力発電欧州企業が撤退した困難なプロジェクト、日本は成功できる?
2月27日、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、ロシア国営電力大手のルスギドロ、サハ共和国政府は、「風力発電システムを含むエネルギーインフラ実証事業」の実施にかかわる協力覚書(MOC)を締結した。これは極寒冷地における低コストで安定的なエネルギー供給を目指すもので、ディーゼル燃料が ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
火山灰対策など公開、発電機にフィルター 伊方原発3号機
【大分合同・愛媛伊方特別支局】四国電力は6日、大分、愛媛両県などの報道関係者を対象に、司法判断で運転を停止している伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の視察会を開いた。火山灰対策として新設した非常用ディーゼル機のフィルターなどを公開した。 17人が参加。四国電担当者は、定期検査に合わせて同発電機の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 インドネシア共和国ランタウ・デダップ地熱発電事業への出資参画について〜当社として初の海外地熱発電 ...
当社は、インドネシア共和国南スマトラ州の新規地熱発電事業である「ランタウ・デダップ地熱発電事業」に出資参画することとし、昨日、当社100%出資の海外投資子会社であるトーホク・パワー・インベストメント・カンパニー(TPIC)を通じ、同事業における持分の10%を取得いたしました。 インドネシアでの発電事業ならびに ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 2号機の特定重大事故等対処施設に関する原子炉設置変更許可について
高浜発電所1、2号機の特定重大事故等対処施設に関する原子炉設置変更許可申請については、平成28年12月22日の申請以降、これまでの審査の中でいただいた施設の運用方法等に関するご指摘や地質調査で拡充した地質データの反映を踏まえ、補正申請を行ってきました。 当社は今後、準備が整い次第、高浜発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 バイオマス発電ローンファンド
今回の借り手は、事業者Aです。 事業者Aは、再生可能エネルギー事業開発事業者Cに対して、バイオマス発電所の開発資金のリファイナンス及び追加開発資金として3億円の融資を行います。 事業者Cは本件発電所を開発する事業者H(SPC)を取得し、事業者Cが有するバイオマス発電事業に関するノウハウを活用して、事業 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 平成 29年度「住宅用太陽光発電システム等設置費補助金」の実績報告
市の住宅用太陽光発電システム等設置費補助金制度は、九州電力株式会社との電力受給を開始した日(連系日)をもって工事完了とし、「再生可能エネルギー発電からの電力受給契約のご案内」または「自家用発電設備等の系統連系に関する契約のご案内」を補助金実績報告書に添付する必要があります。 同書類が実績 ...
posted by Mark at 16:45| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google